つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

大阪花火大会PL花火芸術のアクセスは電車が無難 

      2016/05/24

スポンサーリンク

PL花火芸術の難点はアクセスです。
天神祭奉納花火やなにわ淀川花火大会は、どちらも大阪市でしかも大阪駅徒歩圏なのでスムーズにいくのですが、PL花火芸術はほんとパワーがいります。
もっとも一度見たらまた行きたい!と思うほどの価値のある花火大会ですが。。

車で行く場合はいっそのことみんなでわいわいと遊んで3時間ほど時間をつぶし、日付が変わって車が流れ出してからの出発がいいかもしれませんね。

外環状線沿いにガストなどファミレスがたくさんあるので、まず昼ごろをめどに現地入りしてください。
3時ごろから渋滞が始まります。またみんな考えることは同じですので(笑)お昼から混みます。

帰りも外環状線まで出れれば店はありますが、そこに行くまでがまた渋滞になります。

train_densya_smartphone

アクセスは 車かローカル電車しかありません

車かローカル電車しかなく、特に車の場合は、もちろん交通渋滞規制はあるので少なくとも午後3、4時くらいには入らないといけません。
理想的はまだ人が少ない暑い午後1、2時ごろですが、どこで時間をつぶしましょうね。

帰りは大阪方面はまったく動きません
夜を明かすまで現地に残って翌午前出発して大阪方面に帰るか、和歌山方面までまわって帰るしかないでしょう。

バスツアーはおすすめしません

バスツアーも出ているようですが、バスツアーはおすすめしません。
なぜならバスの中からの観戦なのです。

バスツアーで行った人を何人か知っています。母も行きました。
ところがバスの中でお弁当を渡され、バスから出してくれなかったらしいです。
もちろん花火など楽しめるはずがなく、のどが渇いてしかたなかったと言っていました。

バスツアーを計画している人はよく調べてからにしてください。

電車でのアクセスは

近鉄阿部野橋駅(JR天王寺駅の向い)→近鉄南大阪線の準急、古市駅へ(20分)
古市駅→近鉄長野線に乗り換え→喜志駅へ(3分)
喜志駅から、山側に向かって徒歩(20分程度)

こうしてみると近鉄阿倍野橋駅から約1時間と思うでしょう?
乗り換え、その他を見て1時間半くらいは見ておきましょう。

行きはいいのですが、帰りがパワー入ります。
電車をおすすめしますが、なにぶんローカルな小さな駅ゆえ、超満員で駅に入るまでが行列、入って乗るまでにも延々と順番待ちをしなければならず、帰りは大阪駅までたどり着くまで2時間から2時間半ほど考えておいてください。

穴場は帰りのことを考えてトイレのあるところ

もし抵抗がなければ 付近まで行かなくても山手の方に歩いて上り、適当な場所で座って見たほうがいいです。
と いうのは、富田林駅付近なら、どこでもかなり大きく見れるのです。
私は電車で行ったとき、帰りのことを考えて駅についてすぐ、他の人が座っているところで座ってみました。
そこからでも圧巻でした。
長時間になるので、帰りやトイレのことを考え、コンビニの近くやお店があるところなど考えて場所取りしたらどうでしょうか?

とにかくPL花火芸術は帰りがポイントです。
帰りのことをまず考えてからプランを立ててください。

スポンサーリンク

 - イベント, レジャー

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章