つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

天神祭花火2016は帝国ホテル大阪横OAPタワー広場で

      2016/05/24

スポンサーリンク

私は猛暑と花火が大好きです。
海とプールとマンゴーも大好きです。
花火については昔はまじで花火師になりたいと思っていたほどです。
だから夏がくると、海かプールと花火がないと許せないんです。。。

大阪には、日本三大祭りの天神祭花火と、地元有志開催のなにわ淀川花火大会PL教団花火の3大花火があります。

日本三大祭りといわれるのが、祇園祭(京都)、神田祭(東京)、天神祭(大阪)です。
この中のひとつ、天神祭の神事の奉納としての花火が天神祭花火です。

大阪にはもうひとつ8月1日のPL教団花火がありますが、こちらはPL教団(正式名:パーフェクトリバテイー教団)という私的な団体になります。
祭というだけあって各スポンサーの屋形船が大川をまわり、船の上から花火を楽しむことができます。
屋形船からは「セーノ。ヨイヤサー!」と手拍子が響き、毎年この屋形船の手拍子を聞くと「ああ、天神祭やな」と感慨深いです。

yakatabune

天神祭奉納花火スケジュール

7月25日が天神祭花火です。
毎年7月24日が天神祭で翌日25日が奉納花火となっています。

http://www.tenjinmatsuri.com/tenjin_year/2015

天神祭も淀川花火も、どちらも毎年日時が決まっているんですね。だからスケジュールを立てやすいです。

一度は乗りたい天神祭船渡御奉拝船乗船

その中で一度は乗ってみたいのがなんといっても天神祭船渡御奉拝船乗船です。昔はスポンサーの紹介などツテがなかったら乗ることはできませんでした。
私は乗ったことがないけど、夫と娘は私が入院中に乗りました!鬼
TV中継している、アレです。やはりタイミングが良かったら花火が真下に見れて、風に揺られていい気分で。。サイコーでしょうね。

天神祭船渡御奉拝船乗船
2015-07-25 18:00~21:00(予定)
一番安いお弁当、お茶つきで18000円キャンセル待ち になっています。

天神祭船渡御御金弊
いろいろランクがあるようで、一番高いのは35000円ですね。時間は同じです。赤字で違いを書きました。
お弁当がうなぎになり、御金が入るのでしょうか?笑
2015-07-25 17:00出航 20:45頃下船予定
うなぎ弁当、お飲物、講社の半纏、祝い箸、手ぬぐい

天神祭花火の穴場は?それは帝国ホテル大阪横OAPタワー広場

天神祭花火の穴場ってどこでしょうか?
それは私的には「帝国ホテル大阪横OAPタワー広場」です。帝国ホテル大阪とつながっています。
理由は。。。

1.時間をつぶすところがたくさんある
ホテル内の円形広場横は建物内になるので日差しが避けられて、下にはコンビニもあるし、もちろんトイレも何箇所もあります。

2.帝国ホテルの送迎バスが使える
帝国ホテル内の喫茶店でお茶すれば帰りの送迎バスの整理券がもらえます。整理券の枚数には限りがあるので、問い合わせてください。
3:30から16:00ごろに帝国ホテル到着がおすすめです。
もっとも、帰りはバスが通行止めのために迂回などで時間がかかるので、徒歩でJR天満まで歩いた方が早いです。

3.OAPタワー広場は広く、よく見れる。
確かに天神祭花火は造幣局側(桜ノ宮)グランド側(帝国ホテル側)からあがる花火と、交互にあがるので、桜ノ宮側の花火は建物に隠れて見れませんが、それでも十分な見所があります。

4.昼間から祭気分がたっぷり味わえる。
OAPタワー広場のすぐ下には夜店があり、昼間から大川を行き来する船から手拍子が聞こえて雰囲気ぷんぷん。

などなど、とってもオススメです。
アクセスは、帝国ホテル大阪です。送迎バスがJR大阪駅からあります。
2015年は3:30ごろに到着するようにバスに乗り、整理券をもらいました。
帝国ホテル大阪 シャトルバスの案内
http://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/access_map/bus.html

天神祭花火アクセスはJR天満がオススメ

天神祭花火の案内を見ると、JR環状線「桜ノ宮」が最寄駅になっていますが、隣の駅の「天満」と徒歩ではほぼ変わりません。

むしろ、「桜ノ宮」の駅は小さくて混雑します。
帝国ホテルもJR環状線「桜ノ宮」から徒歩、というアクセス案内になっていますが、帰りも「JR天満」がおすすめです。
OAPタワー広場からはゆっくり歩いて徒歩13分くらいでしょうか?帰りの電車も、さほど混雑はありません。
私は毎年ちゃりで17時すぎくらいに走り、17時半くらいに到着するようにしています。

 

天神祭花火は19時20分くらいからあがります。オワリは21時15分くらい

 

天神祭の花火は、19時20分くらいからあがります。昼間からあがっていますが、スタートの一発目がだいたいこれくらいです。
まだ明るいのでもったいない気がします。笑

時間は19時20分から21時15分くらいまでです。

なにわ淀川花火大会でも説明しましたが、日本三大祭りの奉納花火である天神祭りでも、大阪の経済沈下の影響を受け、クラウドファンディングによる寄付でようやく開催にこぎつけたようです。

詳しいことはわかりませんが花火や集客も規模が小さくなっています。

とはいえ昼間からお祭りムードで夜店は立ち並び、席取りの人たちでいっぱいになります。
スケジュールは
18時45分くらいにテスト花火が上がったあと、19時15分くらいに屋形船から手拍子が鳴ります。
そして19時20分くらいに勢いよくスタートします。

2015始めの一発目。いつも薄暗いときのスタートです。ひょろひょろひょろ〜〜〜ぽん!と始まります。
IMG_1174 (2)
だんだん暗くなってきます

IMG_1177 (2)
大阪らしくスポンサーの名前が入ったコーナーがあって笑えます。これは《まいどおおきに食堂》と書いてあります。
全国版に訳すると、《いつもありがとうございます食堂》です。
IMG_1191
天神祭奉納花火は造幣局側グランド側の2か所から打ち上げられます。
それぞれ交互に上がるのでどちらかが見えなくなります。

そうして交互に上がりながら20時45分から50分くらいに一番大きいフィナーレが盛大に上がって終わります。

IMG_1182 (2)

昔はこのフィナーレの後、終わりと思って帰りかけると少し間をおいてアンコールのようにパンパンと上がったのですがいつのまにかなくなりました。
すぐに「花火は終了しました」とアナウンスが流れ、あっさりとお開きになります。

日本三大祭りの大阪の夏を楽しんでください。

 

スポンサーリンク

 - イベント, レジャー

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章