つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

おすすめはしそジュースおいしいで。作る前に知っておく事は

      2017/01/05

スポンサーリンク

私にはアウトドアの先生がいます。
その人は、50代で女性です。パートナーとともに、15年くらい前に山小屋を自分たちで建てました。
そこは山道からまだ徒歩で傾斜を上がったところにあるところで、水道も引けません。

なので、行くときは水も持っていかなければいけません。
月に1、2度その山小屋に登り、バーベキューをするのですが、私も参加したことがあります。

そこには立派なびわの木がありました。
スーパーで売っているのと変わらない大きさで、甘いいいびわでした。
びっくりしたことに、バーベキューのときに、最期に食べ残りを山に捨てていくらしいのですが、そのときに捨てた種が立派な木になったらしいのです。

もちろん、びわは食べ放題。笑
自然ってすごいなあーと思いました。

さて 今回のしそジュースは、そこに参加していた人のおすすめジュースです。
その人は男性で、山の麓から都会に通勤している人でした。

その人の家にも、びわの木があり、びわと葉を分けてもらいに行きました。

そこでは近所の、別のアウトドアの友人がいて、手作りの真っ赤な「クコジュース」をいただきました。
甘くて、おいしくてびっくりしました。
けど、「クコの実」は普通では手に入りません。そのときにびわの木の人が(ややこし。笑)耳元で囁きました。


「おすすめはしそジュース。おいしいで。」

その言葉が耳にこびりついたまま、山を降りました。

ちなみに、びわの葉はお茶にしたり、お酒に入れるそうです。


「おすすめはしそジュース。おいしいで。」
resazed TS3H0246

それから6年間、毎年しそジュースを作っています。
なぜこんなにハマったか?

もちろん美味しかったからです。また 人にあげても珍しく、喜んでもらえます。

まずは、準備から始めましょうか。

しそジュースの紫蘇には、赤紫蘇と青紫蘇がある

まず、青紫蘇は、一年中買える、料理に使うものです。またの名を、「大葉」といいます。
赤紫蘇は、葉の色が赤黒いものです。梅干しを漬けるときの色だしと、しそジュースに使います。

これは枝つきの赤紫蘇です。赤紫蘇には枝つきと袋入りがあります。
7月1回 6月30日出品分他 303

赤紫蘇は貴重。一年で梅雨前後の、6月の2〜3週間のみ

赤紫蘇は貴重です。梅雨時期しか買うことができません。また、買ったらすぐに使わないと汗をかいてしまい、色が落ちます。
6月の第1週あたりから並び、6月の20日ごろには早いところは引き上げるので、買う前に計画を立てましょう。

しそジュースを買うなら、ペットボトル1本で500円が目安

しそジュースを買うのは、とても高いです。
農家の手作りで、時期が限られていることと、手間がかかることが理由でしょう。

しそジュースの値段は1000ccで1000円が目安です。500ccで1000円もあります。濃縮で薄めるタイプもあります。
作るのが大変な人、お試しで飲んでみたい方は市販がいいかもしれません。

作ってみようと思った方は、ぜひ今年はしそジュース作りにチャレンジしてください。
別記事で作り方など書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 - レシピ, 暮らし

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章