つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

風邪予防は湿度から簡単寝る前

      2015/12/24

スポンサーリンク

風邪予防ユニーク簡単な方法風邪は背中から
ここ数日 突然寒くなりました。風邪をひいてしまった方はいませんか?
私は別記事で書いたように、風邪には細心の注意を払っています。
今日は私が考えたユニークで簡単な風邪予防の方法をご紹介します。

きっかけはアーユルヴェーダの先生の言葉でした。
私はその事を知るまでは いわゆる「冷えのぼせ」で足は冷たくて冷えているけど上半身は暑く、なぜかいつも胸元を開けていました。
長袖がキライで冬でも室内ではノースリーブを着ていました。
なぜだか自分でもわからないけど、気がついたらそうしていました。

出産を期に体質が変わり、その頃は毎週のように風邪をひき、それがきっかけで2,3日油断すると喘息が始まりました。
そんな時にアーユルヴェーダを知り、パンチャカルマを受けました。
パンチャカルマとはその人にあったオイルで全身マッサージをして体質改善をすることですが、その前に脈診により体質や病気を診断するのです。
喘息や風邪はヴァータによるものです。ヴァータとは呼吸に関係してます。
ではなぜ私は毎週のように風邪をひいていたのでしょうか?

それは背中に原因でした。
風邪は温度差が原因と言われていますが 背中のすきまに空気が入ることが一番の原因と聞きました。
よく「風邪をひくと背中がゾクッとする」というのは本当だったのです。
私は常に胸元を開け、冷やしていたんですね。

「冷やしてはいけません。夏でも帽子、手袋、首にはマフラーまたはタオルを巻いて靴下は脱がない。末梢神経を守り、絶対に冷やさないようにしてください」。
また 胸元を開けずに首を冷やさないタートルネックに変えるように言われました。笑

他には汗をかいたまま拭かずにいると、汗が蒸発する時に風邪をひいてしまうとも聞きました。これはアーユルヴェーダの先生に聞いたのではないかもしれませんが。。

それから私はタートルネックとマフラー、手袋、を買い込み 前開きファッションからタートルネックにすっかり変身しました。
もちろん靴下も履くようにして冷やさないように心がけました。

マフラーはバーゲンで毛皮を買いました。カシミアもいいですがまったく風を通しません。
毛皮は汗をかくくらいなので タオルを巻いた上から毛皮のマフラーをしました。
中でも帽子は効果てきめんでした。
たまに被らずに外に出ると寒くてゾクゾクして風邪をひきます。
夏でも同じです。帽子を被り、タオルでもいいので首に巻いて下さい。

外から帰ると背中や首筋に汗をかきますよね。
すぐにタオルで拭いて、汗をかいた下着も着替えて下さい。
シャワーはやめましょう。シャワーは風邪の原因ではないと言われていますが、私は風邪をひきます。
これを実行してからぴったり風邪をひかなくなりました。

そしてここからが私のオリジナル簡単風邪予防方法です。
それはお風呂から上がって夜寝る時にすることです。
タオルを使う方法です。
背中、首筋、汗拭き用の3枚のタオルを使います

お風呂から上がって寝るまでの間にすでに背中や首筋にべっとり汗をきませんか?

私はこれが気になりました。それで背中にタオルを入れることを思いつきました。
首にもタオルを巻きます。
それだけではなく、もう一枚首にタオルをかけておいて汗をふきます。一度試して下さい

それを寝る前に背中から抜いて寝て下さい。
そのまま寝てもかまいません。
この方法でウソみたいに風邪をひかなくなりました。
たまにひいたな と思う時は必ずその前に汗をかいたままうろうろしたりなど、背中がゾクッとするようなことをしています。
そしてすぐにカイゲンを飲みます。

簡単で誰でも出来る方法です。ぜひ一度試して下さい。
「この方法で 今年は風邪をひかなかった」と喜んでいただければとても嬉しいです。

 

ぐっすり眠れる癒しのクラシックメドレー ~月の光~

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 暮らし

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章