つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

オークション出品代行のコツは高モノとキャンペーン

   

スポンサーリンク

オークション出品代行についての記事を書きました。 

びっくりした動画をユーチューブで発見しました!奥さんをオークションにかけたんですって!
さあいくらになったでしょうか?
嫁をオークションサイトに出品してみた結果w→衝撃的な落札額に!

私のオススメのオークション出品代行会社はクイックドゥーですが、その理由のひとつが再出品手数料がかからないことです。

クイックドゥーについてはこちらをクリックしてください。↓
QUICKDO ヤフーオークションは売るのに時間がかかります。
再出品をかけて、何ヶ月もかかります。1年以上かかるものも珍しくありません。
価格を下げても処分したい方はもっと回数は減るでしょうが、昔のように1円スタートでも必ず売れるとは限りません。
スタート価格を1円で出品すれば、ブランドものなどは確実に売れて落札価格もほぼ同じですが、スタート価格を高めに設定したものは何回も再出品をかけなければ売れません。

オークション出品代行会社を選ぶときは、この再出品に対して回数が少なかったり、手数料を取ったりするところはやめた方がいいでしょう。
またクイックドゥーではメール会員になると、不定期にキャンペーンのメールがきます。
これは初めて出品でなくても、落札金額が1点無料になるというものです。
確実に売れて、送料が高いもの、価格が高いものは絶対にお得です。
ただし5点以上出品、落札されること など条件があるので、日頃からチェックしておくといいでしょう。
オークションの出品代行会社を選ぶときは出品不可商品に注意しましょう。

再出品手数料はかかるの?クイックドゥーなら再出品は最大7回だけど。。

再出品手数料は、クイックドゥーとオクサポともにかかりません。
問題は再出品の回数なんですね。

クイックドゥーは原則として39日間は出品で最大8回まで、とされているのですが、Cコースならば、再出品8回目以降も継続され完売目的で出品されます。
落札されない場合には、順次再出品は何度でも行われて、基本的に完売出来る事を目標とされます。 
オクサポ!http://www.econet-trading.jp/ も無料ですが、最大3ヶ月とされています。
宅オク http://www.taku-auc.jp/course/ は出品期間が最大で4週間になっている上、返送料などが高くおすすめできません。

 では出品手数料はどうでしょうか?人気の出品代行会社のオクサポと比べてみました。

高モノ手数料はクイックドゥーが実はおトク?

オクサポとクイックドゥーで調べてみました。

オクサポ!の落札料金
オークション代行料金システム

 

落札価格(商品1点に付き) お客様受取率(代行手数料)
300,001円以上 93%(7%)
100,001円~300,000円 90%(10%)
60,001円~100,000円 85%(15%)
30,001円~60,000円 80%(20%)
10,001円~30,000円 75%(25%)
5,001円~10,000円 70%(30%)
1,501円~5,000円 (一律1,500円)
1,500円以下 (落札金額=手数料)

不用品の販売で高モノとはいくらでしょうか?
ヤフーオークションでの高値とは、だいたい10000円〜30000円までです。もちろんモノによりますが、ブランドでも30000円がつけばかなりの高値です。
なのでこの赤字ラインの手数料を見ます。オクサポでは70%〜75%ですね。
ところが30000円を超えたら80%になり、クイックドゥーの78%と逆転します。
過去の落札価格を調べて、30000円までになりそうならばオクサポがいいでしょう。

30000円を超えそうならば、どのコースもクィックドゥーの方が安くなります。

A.初心者向け 特急コース

すべて1円スタート!丸投げコース!

Aコースのお客様受取額(代行手数料)
落札価格(1出品につき) お客様の
受取り額
代行手数料 ヤフオク
システム利用料
代行手数料合計
300,000円〜 90% 3% +7% 10%
100,000円〜299,999円 88% 5% +7% 12%
50,000円〜99,999円 83% 10% +7% 17%
20,000円〜49,999円 78% 15% +7% 22%
5,000円〜19,999円 70% 23% +7% 30%
1,500円〜4,999円 63% 30% +7% 37%
100円〜1,499円 一律100円
1円〜99円 0円

30000円〜49999円までは クイックドゥーがトク。

B.中級者向け 最終売り切りコース

Bコースのお客様受取額(代行手数料)
落札価格(1出品につき) お客様の
受取り額
代行手数料 ヤフオク
システム利用料
代行手数料合計
300,000円〜 89% 4% +7% 11%
100,000円〜299,999円 86% 7% +7% 14%
50,000円〜99,999円 80% 13% +7% 20%
20,000円〜49,999円 76% 17% +7% 24%
5,000円〜19,999円 68%

25%

+7% 32%
1,500円〜4,999円 58% 35% +7% 42%
100円〜1,499円 一律100円
1円〜99円 0円

 

30000円〜49999円までは クイックドゥーがトク。

C.上級者向け コメント指定コース

価格・コメント指定OK!こだわりコース!

Cコースのお客様受取額(代行手数料)
落札価格(1出品につき) お客様の
受取り額
代行手数料 ヤフオク
システム利用料
代行手数料合計
300,000円〜 88% 5% +7% 12%
100,000円〜299,999円 83% 10% +7% 17%
50,000円〜99,999円 78% 15% +7% 22%
20,000円〜49,999円 73% 20% +7% 27%
5,000円〜19,999円 63% 30% +7% 37%
1,500円〜4,999円 53% 40% +7% 47%
100円〜1,499円 一律100円
1円〜99円 0円
30000円〜49999円までは クイックドゥーがトク。

一見するとオクサポが安いようですが、まず自分の出品しようとする商品のリサーチと出品数をみてシュミレーションしましょう。

クイックドゥーの落札手数料無料キャンペーンは絶対おトク!

クイックドゥーでははじめての人で、5点以上落札された場合、1点が「落札手数料無料キャンペーン」をやっています。
はじめての利用の人はまずこれを利用しましょう。
その後もメルマガで不定期ですが、2回目以降の人もこの「落札手数料1点無料キャンペーン」のお知らせがきます。
・送料が高くなり、自分では売りにくいもの
・確実に高く売れるもの
の処分のチャンスです。

オクサポは調べた限りでは手数料無料キャンペーンはありませんでした。
確実に高値で落札される商品を日頃からチェックしておいてキャンペーンをうまく使いましょう。
あとは確実に1500円で落札されるものを組み合わせてセット売りするなどして5点以上落札されるように考えましょう。

もっとも一番大きな点は高ものを売る場合はオクサポでもクイックドゥーでも喜んで引き受けてくれるでしょうが、不用品などの引き取り不可商品の基準が厳しくないところを選ぶことがもっとも重要なポイントのひとつでしょう。

お気に入りのオークション出品代行会社をひとつ決めて、うまく不用品の処分をしてください。

 

 

スポンサーリンク

 - マネー, 暮らし

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章