つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

クレジットカードの審査裏話あなたの3Cは

      2016/10/09

スポンサーリンク

私たちの生活の中で無くてはならない存在の1つがクレジットカードですね。

高額商品の購入時に限らず、今ではスーパーやコンビニなどの買い物の際にもクレジットカードを使う人を見かけます。そんな便利なカード、その審査はどういった基準で決められているのか調べてみました。

creditcard

2016年年末14銀行のATMで無料引き落としできる時間などについて調べました。

クレジットカードの審査は何が基準なの

クレジットカードを申し込む時には、必ず申込書に必要事項を記入します。

そこで、カード会社が知りたいのは、あなたに返済能力があるかどうかということです。そのためカード会社はいくつかのチェックと審査を経てクレジットカードを発行します。

最近では審査のほとんどがシステムにより自動化されていて、審査システムで必要な情報がすべて記入されているかのチェックが行われます。その後、過去に自社で問題を起こしていないか確認。さらに信用情報センターへの照会が行われます。

これらの一連の流れはすべて自動化されているため、クレジットカードの発行時間は以前に比べて大幅に短縮されています。

では、クレジットカードの審査は何を基準としているのか?これには3つの観点として3Cと呼ばれるものがあります。

pose_motsu_card

Capacity(資力)

 あなたに継続的で安定的な収入があるかどうかを判断します。

 そのために、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、借入額などをチェックし             

 ます。

Character(性格)

 返済者が返済日に延滞なく返済できるかどうかの性格を判断する観点です。

 これは申請者の利用履歴から判断され、クレジット会社は信用情報機関に問い       

 合わせをします。

Capital(資産)

 担保となりうる資産の参照を確認する項目で、居住形態、居住年数などが基準と

 なります。

以上の三つを参考にクレジットカードの審査は行われます。

さらに クレジットカード審査通過の最低基準としては、

1、信用情報のクレジットヒストリーに延滞などの事故情報が存在しない。

2、安定した収入がある。

3、勤務年数、居住年数が一年以上である。

といった項目があげられますが、これは一つの目安であり、例えばクレジットカードを利用したことがない人は審査評価が下がったり、年収が多くても他の要因で審査に通らないこともあります。

クレジットカードの種類は目的別に分けられている

一口にクレジットカードといってもその用途に応じて、様々な種類のカードが存在します。ここで特徴別クレジットカードのご紹介

ポイント還元率

 使うたびにポイントがたまるカード。標準で1.2%最高で10%も溜まるカードもあ 

 ります。

年会費無料

 年会費のかかるカードは機能やサービスが充実していますが、特に使わない方には年会費無料で、ポイントがたまるカードがお勧めです。

★スピード発行

 最短で一日、遅くても三日でカードが作れます。最短発行は消費者金融系のカードが多いようですね。

リボ払い専用カード

 リボ払いは毎月一定額の支払いとなるので、収支が管理しやすくなります。

学生

 十八歳以上で親に一定の収入があれば学生でも作れるカードがあります。

マイルがたまる

 マイルとは航空会社が提供しているポイントプログラムの名称で、ポイントがたまれば、ただで沖縄旅行も夢じゃない。

★海外旅行保険付き

 海外旅行の時に気になるのが万が一のけがや事故、病気などですね。頻繁に海外旅行に行かない人にとって、保険付きカードは安心できる一枚です。

ゴールドカード

 みんなの憧れ、ゴールドカード。高須クリニック院長が持っている アメックスゴールドカードが有名ですね。
1つのステイタスシンボルですね。サービス内容も他のカードに比べ充実していますが、年会費が高く(1,00020,000円)

 自然持つ人も一部に限られてきます。

ETCカード

 車を運転される方には必須のカード。高速道路の料金の支払いに限らず、クレジットカードとしても使えるので便利な一枚です。

最近はオプションでカードに付帯できるものが多いです。

どちらのグループが審査が通りやすい?

一般的に流通系、産業系クレジットカードは審査が緩いと言われています。

その理由としては、これらのカードが消費者に密接なカードであり、審査を厳しくしてしまうと、本来のクレジットカード会社の目標が達成できないためです。

また、街頭や店頭で募集している審査も同様の理由で比較的通りやすいことで有名です。

では具体的に審査の甘いカードとは?

ACマスターカード

 消費者金融系のカードのため審査はかなり甘いと言えます。最短30分で審査が通るので、急いでいる方にお勧めです。マスターカードなので海外でも利用可能。

 年会費は無料、ただしいくら使ってもポイント等の還元はありません。

 保険、補償なし。

ライフカード

 ACマスターカードに比べ、審査に3日ほどかかりますが、他のカード会社に比べ審査は甘いと言えるでしょう。ポイント還元率も高く、主婦層にお勧めのカードです。ただし、こちらのカードも保険はありません。

三井住友VISAカード(エブリプラス)

 金融系のカード会社ながら、比較的簡単にカードが作れます。入会金0円で、ポイント制もあり、補償制度も充実しています。

 海外でも利用可能。但し、支払い方法はリボ払いのみとなっています。

それ以外の比較的審査の甘いとされるカード会社があります。

そのポイントは二つ。

★発行会社がどこかを参考にする。

 発行会社によっては基準は大きく異なり、審査基準が厳しいと思われる順に発行元を並べると

 銀行系>交通系、流通系>ショッピング系、スーパー系、コンビニ系>消費者

 金融系という順番になります。また、CM放送しているクレジットカードは全般的に審査基準が甘いという印象がありますね。

★入会申し込み基準を参考にする。

 審査条件が気になる場合は、申し込み基準を確認しておいたほうがよいでしょう。

 申し込み基準で一般的な表現の1つが

 「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方」という基準です。

 親や配偶者に一定の収入収入があれば、学生や専業主婦でもカードを申し込むことが出来ます。ただし学生及び未成年者に対しては利用上限額を低く抑えているケースが考えられます。

カードの審査がなかなか通らないときは、まず最初に裏話を調べましょう。

         

スポンサーリンク

 - マネー, レジャー

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章