つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

SIMフリースマホに乗り換えシュミレーションしました2016

      2017/01/05

スポンサーリンク

みなさんはスマホの料金に悩んでいませんか?

我が家では、2015年11月からAUの2年縛りが終わり、家族3人格安SIMを使っています。
その前に娘が一人だけ電話番号を新しくするということでOCNでスマホデビューし、私と夫は番号ポータビリティーが必要だったので3人合体というややこしいパターンになりました。
会社は当時唯一家族割りのような複数割引として1台50円安くなるというのでmineoにしました。
今まで使っている結論を述べると、「格安SIMは大成功。mineoは大失敗」です。
このあたりはまたじっくりと記事を書きます。

なぜSIMフリーに乗り換えようと思うのか

理由は簡単です。
キャリア料金は、高すぎるのです。

ほとんどの家庭の理油は料金だと思います。
ドコモ、AU、ソフトバンクともにキャリアは横並びで通話料金が7000円に設定されています。
ここに、契約時に頭が痛くなるほどわけのわからない説明をされて、割引だの、おまけだのがつけられますが、持つだけで7000円と考えていいでしょう。
よく雑誌の家計相談で「家族4人でスマホで40000円」などを目にします。
私はこれがいやでずっとガラケーで様子を見ていました。子供にも高校3年の春休みまで、がまんさせました。
私も夫も持つだけで使わないからです。
ガラケーもオプション一切なしにして、ソフトバンクのときは3台で6500円くらいでした。
こう考えると、今のmineoは音声SIMにして1台1600円マイナス家族割引きで1550円で3台で4650円ですから、差額が1850円ほどなので、料金はほとんど変わりません。
が この1850円がモバイルネットと考えれば、正解だったと思います。

SIMフリーに乗り換えるには機械を買い換えなければいけない

確かにざっと見てみると、amazonではフリーテルの1GBなら7800円など、10000円以下でありますが、特にフリーテルはおすすめしません!
理由は、別記事で書きますが、半年でつぶれ、交換品は新品でなく再生品が送られてきて、それも2ケ月で故障しました。
SIMフリースマホは中国、韓国の海外製品であるうえに、低価格はあたりはずれがあり、サポートもよくないと聞きます。
7800円あたりの10000円以下を最低ランクとしたら、次のランクはざっとみると、平均が16000円くらいです。
このあたりで予算を組まれたらどうでしょうか

通話料などを入れると、キャリアでスマホは 家族4人で26500円と考える

スマホを使うのはほとんどが子供です。
特に専業主婦の場合は基本料金のみ、お父さんが会社員の場合も、仕事内容によりますが、通勤時くらいしかみることがありません。
ただ お父さんは仕事で電話することが必要です。なので通話料金が決め手になります。
お父さんは、電話がメイン。
お母さんは、ラインしか使わない。
子供はラインと動画が絶対譲れない。

こんな感じではないでしょうか。

ドコモは家族でシェアすると4500円と安いが。。

ドコモシェアパック5を家族3人以上で契約すると、1台あたり毎月4500円です。
ただ、これはシェアで5GBになり、動画などで容量を使ってしまうと、その他の家族でもめるもとになります。
なので、3人でこのシェアパックを使い、最も使う1人をデータMパック(5GB)5,000円に入ってもらいましょう。

このようにデータ料金のみで、ドコモの場合は 4500円×3=13500円
5000円×1 =5000円
データのみ合計18500円

通話はカケホーダイが主流です

キャリアから離れない人の理由の一つがカケホーダイです。格安SIMにはないんです。

これに、通話カケホーダイ2000円を追加すると、家族4人で8000円。
通話もカケホーダイで、すべての合計 26500円となります。

格安SIMは通話料金は含まれないので確かに不安になります

ドコモなどのキャリアはカケホーダイをすることによって、毎月の定額料金という安心感があるので人気なんでしょうね。

格安SIMはデータ通信のみであれば、1台あたり5GB1500円程度で契約できます。音声通話付きなら2200円くらいです。(OCNは2150円)
他の3人をOCNで考えた場合、最安値は1日の通信料が決まっているプランとなりますが、(めいっぱい使って月4.8GB)1600円。
1600円×3 =4800円
2150円×1=2150円
通話つきすべての合計 6950円となります。ここに、通話料金は含まれていません。

格安SIMにカケホーダイはないが、050アプリを使えば050同士はタダになる

格安SIMの速度以外の問題は「電話」です。
このために、キャリアから移るのをためらっている人も多いです。
格安SIMにカケホーダイはないんですね。また、通話金額もキャリアと同じです。
30秒20円ですから、1分40円になります。
会社などでよく携帯電話を使う方は、カケホーダイが安心できます。
けれど、これもライン電話や050アプリを使えばよく使う「お父さん」以外はそれほどかからないでしょう。

サラリーマンはアプリをきらう

050アプリや、mineoは無料でアプリが使用できて、これを使うと無料でした。(2017年2月から改悪で100円の有料になります)。
これを男性はいやがるんですね。
夫も、いくらいっても逆ギレされてアプリを使ってくれません。
キャリアのカケホーダイが一般的なのも、そういう理由があるかもしれません。
積極的に家計を助ける意味でこういうアプリを使ってもらわないと、通話が多い人はまともに1分40円払うことになります。

たとえばメジャーなアプリならば、050freeがあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.brastel.android&hl=ja

このアプリを使うと、050同士は無料になります。その他も携帯電話にかける場合でも、1分16円になり、24円も安くなるのですが、アプリを立ち上げてから電話しないといけません。
まあ、それだけですが 笑 サラリーマンはそれを嫌がる人が多いのです。

確かに一度無音になったりなどアプリを使っているとバレバレなものや、あきらかに転送になったり、切れたりなど、相手に失礼かも。と思うと気持ちもわかります。
ちなみにmineoでの使用は LaLa call 050アプリです。たまに切れますが、快適です。
アプリを押すだけでいいのに。夫は一度も使いません。(使えません。)
また mineoでは 現在は会員は無料ですが、2018年2月から会員も月105円の有料になります。

ほとんど使わないうちの通話料金は3台で679円

ちなみに、うちでは、mineoは2016年7月で3台で679円でした。
理由は、うちの夫はもちろんスマホは自前ですが、内勤で移動以外使うことがなく、キャリア時代も月にメールを入れても通話は月150円とか高くても600円程度で,格安SIMになってからも、変わりません。

また090の携帯にかけるのも、結局固定電話からかけるのが一番安いので、必要な時は固定電話からします。
679円の内訳は、夫453円(7.55分)私54円(LaLa callなので不明)子供172円(2.87分)
LaLa callは私以外使いません。なのでLaLacallなどの050アプリを使えばもっと安くなります。

では格安SIMの通話料金をいくらでシュミレーションしましょうか

さて では格安SIMの通話料金をいくらでシュミレーションしましょうか

ここでも、お父さんだけを考えましょう。
もちろん、通話料金については各家庭さまざまなので、シュミレーションは難しいのですが、お父さん以外は、アプリも抵抗なく、3人でライン電話を使って、友達ともライン電話とすると、ほとんど通話料金は発生しないと考えます。
3人で700円としましょう。
お父さんの仕事の状況によりますが、家族との電話はラインなどのアプリを使うとして、仕事のときはオープン。
1分40円を払って、さて月に何分話すでしょうか?

総務省のHPに載っていました。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc245310.html

図表4-5-3-3 1契約当たりの1日の通信時間の推移

少し小さいですが、これを見ると携帯電話の一日の通話時間では3分18秒が最も多かったです。
これが、一契約ですから、1契約あたり3分18秒×31日で102分になります。
1分40円ですから、4080円。ここから3人分の700円を引くと、3380円。84分をお父さんの使用料金と考えました。

ここまでのデータ料金のみで、ドコモの場合、4500円×3=13500円
5000円×1 =5000円
データのみ合計18500円
これに、通話カケホーダイ2000円を追加すると、家族4人で8000円。
通話すべての合計 26500円となります。

格安SIMはデータ通信のみであれば、1台あたり5GB1500円程度で契約できます。音声通話付きなら2200円程度。(OCNは2150円)
他の3人をOCNで考えた場合、最安値は1日の通信料が決まっているプランとなりますが、(めいっぱい使って月4.8GB)1600円。
1600円×3 =4800円
2150円×1=2150円
通話すべての合計 6950円となります。ここに、通話料金は含まれていません。

さっきの話に戻ります。
格安SIMの通話料金込みの値段は6950円+4080円=11030円になりました。
それでも、やっすい!ですね。

毎月の差額は15470円。年間約190000円!

私のシュミレーションがあてはまれば、家族4人で年間185640円もの差額になります。
年間約190000円!これは大きいですよ!
また ここから全員を家族でシェアプランにする、お父さんがアプリを使う、などでもっと金額は増やせるでしょう。

格安SIM、決心できましたか?
ご自分のシュミレーションに役立ててください。

スポンサーリンク

 - IT, マネー

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章