つぶやきブログ

楽に楽しくなりましょう

日通で引越し単身パックのヤマトとの違いは何?

      2016/07/22

スポンサーリンク

日通で引越しするときの単身パックのヤマトとの違いは何?

春は入学、進学、就職など新生活のスタートの時期でもありますよね。
特に大学進学などは、地方から都会へと一人暮らしをする方、あるいはその逆も多いはず。
また企業などではいきなり単身赴任ということもあります。
そのときに悩むのが引越し料金です。

荷物の量、距離、日程によって引越し料金は大きく変わります。
特に単身となればどれだけ引越し料金を抑えることができるか?何が必要なのか?色々と検証してみたいと思います。

基本的に日通を代表にした引越し専門業者のうち、単身パックサービスがある日通ヤマト運輸の2社のサービスのご紹介をします。

g0140

日通引越し単身パック

日通では単身用に2種類のパックがあります。

日通引越し単身パックSサイズ

基本料金17,000円(税抜き)  

日通単身パックSサイズ
日通単身パックSサイズ

日通引越し単身パックLサイズ(Sサイズの1.6倍)

基本料金18,000円(税抜き)

画像参照(日通単身パックLサイズ)日通単身パックLサイズ

日通引越し単身パックX (Lサイズの約3倍)

(日通引越し単身パックXサイズ)

日通単身パックXサイズ

東京から大阪への日通引越し単身パックでの引越し

画像参照(日通引越し身パック料金例)

日通単身パック料金例

日通引越し単身パックLサイズはSサイズの1.6と考えて頂ければ良いでしょう。
さらに、ソファや自転車など単身パックS、Lで入りきらない大型の荷物がある場合
単身パックXがあります。 

画像参照(日通引越し身パックXサイズ)
単身パックLサイズの約3倍の荷物を運ぶことができます。

日通単身パックXサイズ

専用コンテナで鉄道輸送となり、基本的に1,500キロ以上の遠方への引越しが条件です。
詳しくは以下を参照してください(日本通運公式ページより引用)

日通、新引越サービス「単身パックX(エックス)」を販売開始

2010年6月28日

当社は、6月28日より、鉄道2トンコンテナを利用した、引越パック商品「単身パックX(エックス)」の販売を開始いたします。

当社はこれまでも、2トンコンテナを利用した引越しを行ってまいりましたが、この度、少量で長距離の引越サービスをわかりやすい料金設定で全国主要都市に展開、商品名を「単身パックX」として販売することといたしました。
「単身パックX」は、従来の少量引越パック商品「単身パックS」「単身パックL」で積むことができなかった大型家財なども積載することが可能であり、鉄道輸送を利用した安価で環境にやさしい引越サービスです。
なお、取扱期間・地域については下記のとおり一部限定となります。

商品名:

「単身パックX(エックス)」

専用輸送容器サイズ(2トンコンテナ)

内寸:長さ2.279m×幅1.649m×高さ1.989m(=7.47m3※押入れ2間半程度)

特長:

  • 単身パックS/Lに入らない、自転車やベッドなどの大型家財も積載可能
    (単身パックL3基分以上の容積)
  • 区間別に設定された安価でわかりやすいパック料金(土日祝日の割増料ゼロ)
  • 鉄道輸送を利用した環境配慮型引越し
  • スピーディな輸送(例えば、東京⇔大阪・名古屋などは最短で翌日配達可能)
  • 5日間まで無料で荷物のコンテナ保管が可能

取扱期間

通年(但し、3月20日~4月10日の期間は除く)

取扱地域

札幌市、仙台市、東京23区、さいたま市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市を中心とする地域(※区間別料金の詳細については当社引越HPをご覧ください。)

料金設定

梱包・搬出・輸送・搬入・解梱及び保険費用を含んだパック料金(梱包・解梱は大型家財のみ)
(例)東京23区内~大阪市内 61,800円(税込) 東京23区内~福岡市内 77,800円(税込)

お申し込み受付

  • 全国共通引越フリーダイヤル:0120-154022
  • インターネット引越HP:http://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/

クロネコヤマトの引越し単身パックは?

ではヤマトはどうでしょうか。

ヤマト引越し単身パック

ヤマトも日通の引越し単身パックSサイズとほぼ同様のサイズでの単身向け引越しサービスがあります。

画像参照(ヤマト単身ボックス)
ヤマト単身ボックス

 

関東エリアで17,000円、その他のエリア14,000円(同一市内)
この料金が基本料金となります。割引として平日割引(2,000円)、早期申し込み(1,000円)複数ボックス割(1,000円)ウェブ割引(2,000円)などがあります。

荷物の量、時期、距離などによって大きく変わってきます。
実際に見積もりを取ったら当初の費用とは違っていたということがよくあるので注意してください。

引越し繁忙期の料金 3月末から4月に注意

3月末から4月にかけては、各業者ともに繁忙期のため料金が割高になります。
まず大手の日通だと、基本料金+2,000円と土日指定は+2,000円になります。
ヤマトでは基本料金+2,000円となります。(単身パック使用の場合)

(上記はあくまで目安です)

logistics_a25

引越し料金が判りづらいので電話で問い合わせました。

3月末から4月の繁忙期に 大阪から東京、大阪から九州に(引越し単身パック1個の場合)を使った場合の料金目安

日通― 東京では30,000円+2,000円(平日)

    九州では33,000円+2,000円   ※休日配送はプラス2,000

ヤマト―東京では30,240円+2,000

    九州では31,320円+2,000円   ※休日配送も同じ値段。

注:実際の見積もりでは大きく変わってくる場合があります。

さらに、家具付き住宅(寮、またはマンション)や、単身パック家電を買うということになれば、料金も変わってきます。
また、男性よりも女性の方がどうしても荷物が多くなるので、その場合でも変わってきます。

結局、日通とヤマトの違いは何?日通は引越し単身パックSがある

上記のように、ヤマトは単身者用BOXのサイズが決まっていて、その大きさによって2個、3個と容量が倍々になります。
これに入らないものは別オプションで追加になります。

このヤマト単身者用BOX日通単身パックLと同じサイズになります。これより小さい時は日通単身パックSが使えます。ここが大きなポイントです。

ヤマト単身者用BOXの内寸:1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3

日通単身パックLの内寸:1.08m×1.04m×1.75m=1.96m3

単身者で家財家電セットなどを新しい引っ越し先で購入する人も多いでしょう。そのように考えている人は日通単身パックSがおすすめです。
日通とヤマトの違いは、日通は引越し単身パックSがあるので単身者には選びやすいということですね。
やはり引越しのときはいろいろなところから見積もりを取って選んだ方がいいですね。

 

スポンサーリンク
引越しの見積もりはめんどうくさいものですよね。。。ここをご覧ください。

スポンサーリンク

 - マネー, 暮らし

医療費控除の領収書のまとめ方ズボラマニュアル
文章
医療費控除の期間はいつまで?5年前に注意2017
文章
葬儀に送る花の種類と意味は
文章